焼き鮭

今回紹介させていただくのは本当になんのひねりも無い『焼き鮭』です。
最近は、ハイカラ(死語!?)なレシピもたくさんありますが、魚(鮭)は焼くだけでも十分美味しいものです。

それに、こった味付けの分、カロリーアップしてしまうこともあると思います。

せっかく、そのまま焼くだけで美味しいものなのですから、簡単に焼くだけで有り難くいただけばよいと思います。

また、コチラのコンテンツで魚の成分を紹介させていただきましたが、カロリー、脂肪・・・割りと多めであると思われた方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、魚に含まれる脂肪には、必須脂肪酸(人の体内では生成できない脂肪酸)である不飽和脂肪酸が多く含まれています。

脂肪は、体内で不足すると、便が固くなり、便秘の原因となり、ダイエットの妨げになることもあります。

ですから、魚(鮭)の脂肪はありがたく摂取しましょう。

また、魚(鮭)に含まれるDHAやEPAといった良質な脂分は、身体に蓄積された悪い油を排出する効果があるといわれているそうですよ。⇒ただし、その摂取を目的とするならば、生で食べた方が効率がよいらしいです。

魚はダイエットにおいてカロリーだけで判断しないほうが賢明ですね。

材料(2.5人前)

  • 鮭の切り身x3切れ
  • 大根x1/4

手順・・・

手順1:まず、焼き鮭に添える大根おろしを作ります。

※焼き魚のこげ部分には発ガン物質のトリプ・P1という物質が含まれています。大根にはアミラーゼという酵素が含まれており、それがトリプ・P1を分解し、過酸化物質を取り除くはたらきをします。
ですから大根おろしと一緒に食べることをおススメします。

焼鮭1
↑↑まず大根のへたをカットし、皮をむきます。皮をむいたほうが、きめの細かな大根おろしになります。

焼鮭2
↑↑剥き終わり~!!

焼鮭3
↑↑おろします。

焼鮭4
↑↑大根おろしの完成っ!!

手順2:鮭を焼きます。

焼鮭5
↑↑材料の鮭

焼鮭6
↑↑網の上にのせて焼きに入ります。※ガスコンロに焼き魚用スペースが内蔵されていない場合は、雑貨屋さんで、魚焼き器を購入してください。⇒そんなに高くないはずです。

焼鮭7
↑↑皮面にいい感じに焼き目がついたら裏返しにし、逆側も焼きます。⇒ちょっと焦げちゃった・・・

焼鮭8
↑↑出来上がり~!!

焼鮭9
↑↑盛り付けます。
※大根おろしは本画像のように、鮭に直接のせない方がいいです。大根おろしの冷たさで鮭が冷えてしまいます。・・・これまた失敗してしまった・・・好みに応じて、ポン酢をご使用ください。