めかしらとり丼

めかしらとり丼は和風のあっさりとしているが、満足感も味わえるどんぶり料理です。

材料(2.5人前)

  • 鳥むね肉:300g(補)ささみでもいいです。
  • しらたき:100g(補)糸こんにゃくでもいいです。
  • めかぶ:60gx2パック
  • 砂糖:小さじ一杯
  • しょうゆ:大さじ二杯
  • 水:大さじ二杯
  • 塩昆布少々(補)ふりかけとかおにぎりで使う塩昆布です。
  • 昆布(ダシ用):適当量
  • ほんだし(カツオダシ):小さじ二杯
  • ご飯

※レタス、白菜、刻みにんじんなどもお好みで湯がいて加えれば、さらに栄養バランス○です。
※朝はご飯にのせてしっかりと1日のエネルギーを・・・夜ならばご飯の割合を減らし、代わりにはるさめを加えたり、代用するとさらに低カロリーでダイエットには◎です。

手順・・・

手順1:鳥のむね肉の皮を取り除きます。今回のめかしらとり丼は、和風あっさり系の料理ですので、風味においてもカロリーにおいても皮は取り除いた方がGoodです。
めかしらとり丼1

手順2:鳥のむね肉(300g)を一口サイズに切ります。
めかしらとり丼2

手順3:ぬるめのお湯でしっかりと揉み洗いします。
⇒これを行うことでむね肉なのにふんわり柔らかな食感を味わうことができ、より満腹感が増すようになります。
めかしらとり丼3

手順4:鍋8分ほどに水をいれ、こんぶ(ダシ用)、ホンダシ(小さじ二杯)を入れます。そして一煮立ちさせ、しっかりとダシを効かせます。
めかしらとり丼4

手順5:しらたき(100g)を入れます。5分ほど強火~中火で煮込みます。
めかしらとり丼5

手順6:鳥のむね肉(300g)を入れます。鳥のむね肉投入後は弱火に変えます。これまた5分ほど煮込みます。※状況に応じて灰汁(あく)をとってください。
めかしらとり丼6

手順7:[手順5~6]の間に別作業で食材に絡めるソースを作ります。
砂糖(小さじ一杯)、しょうゆ(大さじ二杯)、水(大さじ二杯)、塩昆布(少々)をボールにて混ぜ合わせます。※ボールは大きい方がいいですよ。
めかしらとり丼7

手順8:手順6後の鳥のむね肉(300g)としらたき(100g)を手順7で作成したソースの中に入れます。
めかしらとり丼8

手順9:[手順8]にさらにめかぶ(120g)を加え、ぐちゃぐちゃに混ぜます。
めかしらとり丼9

手順10:ご飯にのせて出来上がり~!!
めかしらとり丼10

豚冷しゃぶてんサラダ

豚冷しゃぶてんサラダはさっぱり&満足!特に女性受けするレシピではないかと思います。

材料(2.5人前)

  • 豚ももスライス:250g
  • トマト:2個
  • レタス(小):半個
  • ところてん:300g
  • ところてん付属のタレ ※酢系のすっぱいもの
  • カットわかめ:適当量
  • 昆布(ダシ用)

手順・・・

手順1:鍋に水をいれ沸騰させ、昆布を入れて数分ダシを出させます。
豚冷しゃぶてんサラダ1

手順2:豚モモスライスを入れます。一通り火が通ったらさっと取り出します。
豚冷しゃぶてんサラダ2

手順3:カットわかめを水で戻します。
豚冷しゃぶてんサラダ3

手順4:レタスを手でちぎり皿に縁取るように敷きます。その後、ところてんを真ん中にどばっと入れます。ところてんにのみいきわたるようにところてん付属のタレをかけます。
豚冷しゃぶてんサラダ4

手順5:レタスの上にカットしたトマト、水で戻したカットわかめを綺麗にのせ、ざるを使用し流水で冷やした豚肉をところてんの上にのせます。
・・・出来上がり~!!
豚冷しゃぶてんサラダ5

タレはごまだれが美味しいですが、カロリーを抑えるならポン酢がおススメです。ポン酢でも十分美味しいですよ!

周りに内緒で利用出来る婚活サイトは素晴らしい

今までは、特に付き合っている相手がいないのに結婚したいと思った時、大抵が親族や知人を介してのお見合いをするのが一般的だったと思います。けれど、実際知り合いを通したお見合いとなると、自分の好みではない相手を紹介された時に断るのが悪い気がして面倒にも感じたものです。

結局は合コンなどに自ら出向いて、理想の相手と運良く出会い結婚しました。けれど、この合コンも私はあまり得意ではないので、幾度となく参加しました。それに比べると、今はネット社会なので婚活サイトとか出会えるアプリとか便利な出会いがない人のための出会いのきっかけとなるサービスがあるので羨ましく感じます。

良く聞くマイナビでは、マイナビ婚活という事業も展開していて驚きました。こうしたサービスならば、いちいち結婚相手を募集しているなんて親達に言わなくても自分のペースで婚活が進められるのでかなり羨ましく感じました。

普通のお見合いだと、またダメなのかという圧力を感じずにはいられなかったけれど、婚活サイトならそうした心配もないし、もっと早く普及してくれれば良かったのにと思います。